〜鬱病の診断基準〜

A ○以下の9つの症状のうち、、5つ以上が2週間の間に存在し、病前の機能と変化している。
○5つ以上の症状のうち、少なくとも1つは@かAである。
※明らかな身体的疾患、または気分と一致しない妄想や厳格による症状は含まれない。(本人の説明、または家族などの説明による)
@抑うつ気分が、ほとんど1日中、ほとんど毎日続いている
Aほとんど全ての活動に対する興味や喜びが、ほとんど1日中、ほとんど毎日著しく減退している。
B食事療法などはしていないが、著しく体重の減少や増加、またはほとんど毎日の食欲の減退や増加がある。
Cほとんど毎日の不眠または睡眠過多がある。
Dほとんど毎日の精神運動の焦燥または制止がある(本人の主観的感覚ではなく家族などによっても観察できる)
Eほとんど毎日の疲労感や気力減退がある。
Fほとんど毎日の無価値観や、過剰または不適切な罪責感がある(単に自分をとがめたり、病気になったコトに対する罪の意識ではない)
G思考力や集中力の減退、または決断困難あほとんど毎日認められる(本人の説明または家族などの説明による)
H死についての反復思考があり、特別な計画はないが反復的自殺念慮や自殺企図がある、または自殺するための計画がある。
B 症状は混合型エピソード(躁鬱病のコト)の基準を満たさない
C 症状は著しい苦痛や、社会的、職業的、または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている
D 症状は、薬物による生理学的作用や、一般的体疾患によるものではない
E 症状は離別によるものではない。愛する者を失った後、症状が2ヶ月を超えて続くか、署名な機能不全、無価値観への病的なとらわれ、自殺念慮、精神病性の症状、精神運動の制止があるという特徴がある

戻る